コロナに負けず、できることを少しずつ。

[IT] Windows Phone 7 アプリケーション開発入門 (開発概要)

NO IMAGE
Microsoft Innovation Academy 「Windows Phone 7 アプリケーション開発入門」を受講しました。(厳密には受講しながらblog作成)
===
■開発者から見た Windows Phone 7
  • アーキテクチャ・デザインを一新 (従来からの互換性なし)
  • 高水準のハードウェアスペック仕様
  • 開発プラットフォームは XNA Framework (Xbox , Zune 用として従来から存在) / Silverlight ベース
  • 開発ツールは無償(2011/05/30現在英語版のみ)
  • Windows Phone7 UIガイドを読み解く
    MSKK 田中達彦さんのブログ
    http://blogs.msdn.com/b/ttanaka/

    Silverlight 3 ・・・ Windows Phone 7
    Silverlight 4 ・・・ Windows Phone 7.1 Mango
■アーキテクチャ・デザインを一新
  • ユニバーサルデザイン「メトロ」
  • Quick and responsive
  • Live Tiles (タイルに情報が配信される。ライブ対応、タスクバーとして常駐可能)
  • Panorama
  • Pivot
  • 特徴的なスクロール(情報選択は縦スクロール、情報閲覧は横スクロール)
    アロー ⇒ アプリケーケーションリストを選択可能。
    アプリケーションリストからタイルへ定義することで、タイルからキックスタート可能。
    アプリケーション自信は予めタイルを用意しておく。
    タイルはユーザ側が準備。
    1枚のタイル(標準SDK)、2枚のタイル(MSKK or ケータイデバイスメーカ向けSDKのみ)
  • 基本的には正方形1枚のタイルのみ自在に開発カスタマイズできる。
■高水準のハードウェアスペック仕様
  • WVGA (800×480) Single Screen
  • 4-point マルチタッチ
  • コントロールキー (back/ start/ search)
  • 電子コンパス
  • 500万画素以上のカメラ
  • 携帯ネットワーク、WI-Fi※Mango は今回扱わない。
■ Application Platform
  • 2つの開発プラットフォーム
    .NET Framework をベースで、Silverlight for Windows Phone
    イベント駆動、 XAMLベース開発

    XNA for Windows Phone
    メッセージ駆動、GAmeアプリケーション開発
  • より開発しやすい環境
  • 無償の開発ツール(一部英語版)
  • マネージドAPI
  • 分離サンドボックスによるアプリケーション
  • 吉良ウドにあるさまざまなサービスへのアクセス
  • MarketPlace を利用したアプリケーション配布
■アーキテクチャ
SCREEN, Tools, CLOUD, Portal Services
– Runtime – On “Screen”
・Silverlight / XNA Framework
・開発はマネージドコードで行うため、Silverlight 開発経験者はサブセットのみキャッチアップ。
・Windows Phone独自のサンドボックスで安全でセキュアな開発が可能。
・Windows Phone 7 API群
各種センサー (GOS, コンパス、加速度など)
FM radio
Camera
Device Information
launcher & Choosers
Bing Map Control
Phone Application Frame/Page
Push Notification
Web browser Control
Deactive / Active
以上

Microsoftカテゴリの最新記事