コロナに負けず、できることを少しずつ。

[IT] Windows Azure ホストで Google Analytics を使う

  • 2011.06.02
  • FX
NO IMAGE

顧客からリリース後 Windows Azure ホストへ、Google Analytics や Pwiki タグを追加するよう依頼がありました。それも営業時間外に。基本的にうちは営業時間内に30分以内の作業費は3,000円(税別)設定しているので、気軽な案件が舞い込みやすいのですが立て続けなので、ここでその方法を公開します。

ワンタグで外部参照にしても良いのですが、Visual Studio 2010 で Azure アプリ用にパッケージングして、Azure 上では DLL として動作したほうが万一の不具合時にも Visual Studio ソース管理が出来て楽ちん。(FTP で Windows Azure へアクセスして wwwroot 配下にある Default.aspx を変更修正しようと思わないでください。それは出来ない仕様ですので)

■内部参照ファイルへ Google Analytics, Pwiki タグを包含する。

■すべて保存します。 CTRL + SHIFT + S でもok。

■Visual Studio 2010 から Windows Azure 用にサービスパッケージ発行します。

■サービスパッケージが生成されたパスをバッファへコピペしとく(またはメモ帳へペースト)。
Service Package file (.cspkg) と Cloud Service Configuration file (.cscfg) が格納される場所。(ここから先は Windows Azure いつもの配置方法とほぼ同じ)

■ Windows Azure Management Portal から対象デプロイメントを選択し、Updateする。

■Service Package file (.cspkg) と Cloud Service Configuration file (.cscfg) が格納された場所を思い出して(メモ帳を開いて)、それぞれを指定する。

あとは Status Ready になるまで 3〜12分程度、ぼーっとしていましょう。

■この環境が既に RDS (Remote Desktop Service) 対応だった場合には?

大丈夫。何もしなくて構いません。

この環境そのものが RDS を有効にしたパッケージで構成されています。これを機に RDS 対応したいなら話は別。だけどカンタン。

(普通の Web パッケージ開発と同じです。そこは気にしなくても構いません)

以上

FXカテゴリの最新記事