社会福祉 × キャリアデザイン (CD) × ICT (情報通信技術)スキルの強みを、社会資源化していくオッサンの blog

[IT] Windows Azure MarketPlace DataMarket Add-In for Excel (CTP2)を試す

[IT] Windows Azure MarketPlace DataMarket Add-In for Excel (CTP2)を試す

Windows Azure MarketPlace DataMarket Add-In for Excel (CTP2)を試しましたので、最後までお付き合いください。Excel PowerPivot 動作するまでの手順公開します。

[Windows Azure MarketPlace DataMarkeとは?]
さまざまなコンテンツプロバイダーから無料(一部有償)の商用データを取得できるサービスです。データは Azure MarketからPowerPivot テーブルとしてインポートできます。


[amazon_enhanced asin=”4798122122″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]   [amazon_enhanced asin=”4822294218″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”0789743159″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]

■まず入手
http://download.microsoft.com/download/F/B/9/FB9E8754-DBF5-4831-B1AC-4D65638632C3/DataMarketExcelAddInSetupCTP2.zip

■そして展開(インストール)

画面の説明に従ってインストールします。「Welcome to the Windows Azure MarketPlace DataMarket Add-In for Excel (CTP2) Setup Wizard」

■次に Excel を起動して使いましょう。

メモ:https://datamarket.azure.com/account/applications

まずは マーケットプレイスへアクセスするために、Import Data from DataMarket をクリックします。

Sign in or Create account をクリックしてサインインします。

Windows Azure Marketplace へのアクセスはこれからです。

https://datamarket.azure.com/account/applications をクリックします。

アクセス後、アカウント詳細を確認します。ここで、米国を指定していますが気にしないでください。

この Marketplace を使うの、実は初めてではないので既に(無償で)利用している外部データの詳細を確認しています。

■ではここから本題。

外部データへ接続テストを行い、普段のデータ分析端末として使用している Excel 上で操作してみましょう。

アカウントキーは、アカウント詳細からリンクして確認しておきましょう。

テーブルインポートしましょう。

プレビューを実施したところです。ここまでくると、通常の PowerPivot と同じですね。

テーブルのインポートが成功したところ。

外部データ参照して、ここからはローカルで作業可能です。
複雑な計算処理が必要であれば、サーバ上で計算しなおすことも可能です。

ーーー

■まとめ

現在のところ、CTP 2 なので製品版リリースが待たれるところです。

今後各社で培った統計データのうち、公益提供可能なものが増えてくること、そして誰もがパワーピボットを使いこなして、統計分析が当たり前(現状は若干特殊な領域)な時代が来ることに陰ながら貢献したいですね。

以上

Azureカテゴリの最新記事