コロナに負けず、できることを少しずつ。

[CUDA] プログラミングの超基礎 (Windows)

NO IMAGE

CUDA 開発環境を作ったがプログラムの入力、保存、コンパイル、実行方法が分からない方へ

■1.サンプルプログラムを用意しました。

#include
int main() {
float e = 1.0f / 1000000;
float s = 1.0f;
int i;
for(i = 0; i < 1000000; ++i){
s += e;
      }
printf("s = %18.18fn", s);
}

■2.これを適当なテキストエディタへ入力し保存します。

(例:秀丸エディタ)

・保存時のファイルの種類「種類なし」、
・エンコードの種類「自動判定 – Unicode (UTF-8 または UTF16)」 BOMなし、
・開業コード「自動(変更しない=なし)」

例:ファイル名 test1.cu

この3つの指定条件で保存してください。
(日本語のみの環境であれば UTF-8 で構いません)

■3.コンパイル

コマンドプロンプトにて

nvcc -o test1.exe test1.cu
(説明:nvcc -o 出力ファイル名 入力ファイル名)

と、入力すると

test1.cu
tmpxft_000019cc_00000000-3_test1.cudafe1.gpu
tmpxft_000019cc_00000000-8_test1.cudafe2.gpu
test1.cu
tmpxft_000019cc_00000000-3_test1.cudafe1.cpp
tmpxft_000019cc_00000000-14_test1.ii

(コンパイル状況が表示され終了しコマンド待ち受けになる)

■4.実行
コマンドプロンプトにて

test1.exe
(説明:コンパイル引数へ指定した出力ファイル名を実行)

と、入力すると

s = 1.953674316406250000

コンパイルと実行の画面は次の通り

とてもカンタンでしたね。

プログラムの中身の説明は次回以降に。

以上

CUBLASカテゴリの最新記事