コロナに負けず、できることを少しずつ。

[IT] デスクトップ・エクスペリエンス機能 Windows Server 2008R2

NO IMAGE

■[IT] デスクトップ・エクスペリエンス機能 Windows Server 2008R2

ご存知の方には何でもない内容ですが、念のためご紹介いたします。

Windows Server 2008 R2 でワークステーション (Windows 7) と同じようなデスクトップ環境で使いたいニーズがあれば。

[amazon_enhanced asin=”B002OD3PBW” container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”4798030325″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”4891005912″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”4798029580″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]

ーーー

1.Windows Server 2008 R2 起動時の画面。

ごみ箱以外何もありません。

この状態で標準 Internet Explorer を使用しても、アクセスする毎にアクセス先を信用するかどうかというメッセージも表示され(IE ESC 有効のため)使い勝手がよくありません(デスクトップ環境として使うなら)。

ーーー

2.まず IE ESC をオフにしましょう。

サーバマネージャを開き、IE ESC (Internet Explorer セキュリティ強化)の構成をクリックします。

IE ESC の構成を無効にします。

あくまでも管理者グループに所属する方がログインして使用する場合を対象。

(一般ユーザにもサーバ環境を使用させるシナリオは リモートデスクトップインフラストラクチャ RDI がありますが、その際は RDI で権限指定するのでここでは割愛します)

ーーー

3.デスクトップエクスペリエンスについて理解しましょう

デスクトップ エクスペリエンス機能の内容

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc772567.aspx

デスクトップ エクスペリエンス機能を使用すると、Windows 7 のさまざまな機能を、Windows Server 2008 を実行しているサーバーにインストールできます。Windows Server 2008 をプライマリ オペレーティング システムとして使用する場合、これらの Windows 7 の機能を日常的に使用することができます。

デスクトップ エクスペリエンスには、次の Windows 7 コンポーネントおよび機能が含まれています。

  • Windows Media Player
  • デスクトップ テーマ
  • Windows 用ビデオ (AVI サポート)
  • Windows SideShow
  • Windows Defender
  • ディスク クリーンアップ
  • 同期センター
  • サウンド レコーダー
  • 文字コード表
  • Snipping Tool
note
デスクトップ エクスペリエンスをインストールしても、インストールした機能は自動的には有効になりません。インストール後、構成の変更が必要な機能を手動で有効にする必要があります。たとえば、デスクトップ テーマを使用するには、Microsoft 管理コンソール サービス スナップインでテーマ サービスを有効にして起動し、テーマを選択します。

 

ーーー

4.デスクトップ エクスペリエンスを有効にしましょう。

初期構成タスク ウィザードを使用して、デスクトップ エクスペリエンスをインストールするには

  1. [このサーバーのカスタマイズ] セクションで、[機能の追加] をクリックします。
  2. [デスクトップ エクスペリエンス] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。
  3. [インストール] をクリックして、ウィザードを完了します。

サーバー マネージャーを使用して、デスクトップ エクスペリエンスをインストールするには

  1. サーバー マネージャーを開きます。[スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントして、[サーバー マネージャー] をクリックします。
    note
    コマンド プロンプトで次のように入力して、サーバー マネージャーを開くこともできます。 

    servermanager.msc 

     

  2. [機能の概要] セクションで、[機能の追加] をクリックします。
  3. [デスクトップ エクスペリエンス] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

  4. [インストール] をクリックして、ウィザードを完了します。

デスクトップ エクスペリエンスは、前述のいずれかの方法で機能の追加ウィザードを開始して、いつでもアンインストールすることができます。ウィザードが開始したら、[デスクトップ エクスペリエンス] チェック ボックスをオフにし、[次へ]、[削除] の順にクリックして、ウィザードを完了します。

これで完了です。お疲れ様でした。

以上

Windows Server 2008 R2カテゴリの最新記事