社会福祉 × キャリアデザイン (CD) × ICT (情報通信技術)スキルの強みを、社会資源化していくオッサンの blog

[IT] Microsoft SQL Server 2012 導入 (アップグレードアドバイザ編後半・旧バージョン同居前提)

NO IMAGE

■[IT] Microsoft SQL Server 2012 導入 (アップグレードアドバイザ編後半・旧バージョン同居前提)

 

では引き続き後半です。

9.アップグレード アドバイザーの設定を確認。

※一部、文言が欠落(ロスト)しています。

参考まで、実際の内容を紹介します。サーバー名: LETS-NOTEレポート ファイルのパス: C:UsersyukioDocumentsSQL Server Upgrade Advisor110ReportsLETS-NOTEログ ファイルのパス: C:UsersyukioAppDataLocalMicrosoftSQL Server Upgrade Advisor110logSQL Server の分析データベース: *Analysis Services の分析Reporting Services の分析Integration Services の分析

10.アップグレード アドバイザーの進行状況を確認します。

ここで警告が表示されている内容は、旧バージョンの環境と SQL Server 2012 での取扱い差異が生じていることを知らせるものなので、内容を注意深くみましょう。(テキスト形式で保存されることを強くおススメいたします)

11.警告内容 ( SQL CLR型の使用について)

12.警告内容の確認(続き)

13.この影響を受けるオブジェクト(注意深く確認します)

参考まで、実際の内容を紹介します。パッケージ名: PerfCountersCollect接続元の種類: リポジトリパッケージの場所: /MSDB/Data Collector/PerfCountersCollectインスタンス: 1 パッケージ名: PerfCountersUpload接続元の種類: リポジトリパッケージの場所: /MSDB/Data Collector/PerfCountersUploadインスタンス: 3パッケージ名: QueryActivityCollect接続元の種類: リポジトリパッケージの場所: /MSDB/Data Collector/QueryActivityCollectインスタンス: 3パッケージ名: QueryActivityUpload接続元の種類: リポジトリパッケージの場所: /MSDB/Data Collector/QueryActivityUploadインスタンス: 4パッケージ名: SqlTraceCollect接続元の種類: リポジトリパッケージの場所: /MSDB/Data Collector/SqlTraceCollectインスタンス: 3パッケージ名: SqlTraceUpload接続元の種類: リポジトリパッケージの場所: /MSDB/Data Collector/SqlTraceUploadインスタンス: 3

14.影響を受けるデータベースオブジェクト(こちらも確認します)

参考まで、実際の内容を紹介します。データベース: AdventureWorks2008R2列名: SpatialLocationデータベース: AdventureWorks2008R2列名: DocumentNodeデータベース: AdventureWorks2008R2列名: OrganizationNodeデータベース: AdventureWorks2008R2列名: ftkey 

15.影響範囲について悩むことがあれば、まずはヘルプファイルも参照しましょう。

それでは次はいよいよインストールへ進みましょう。

以上

 

Microsoftカテゴリの最新記事