社会福祉 × キャリアデザイン (CD) × ICT (情報通信技術)スキルの強みを、社会資源化していくオッサンの blog

[IT] Windows Azure ストレージエミュレータ起動不具合を解消

NO IMAGE
目次

■[IT] Windows Azure ストレージエミュレータ起動不具合を解消

 

前回、Windows Azure ストレージエミュレータが起動しない記事を書きました。 → https://www.fxfrog.com/?p=5195

ついに不具合解消に至ったのでご報告します。

ついでに SQL Azure へ MVC モデルから利用する方法も。

Microsoft SQL Server 2008 R2 Express と関連パッケージを再インストールしました。

(アンインストールを行った後)

再インストール順序:

– Microsoft Security Essentials (アップデータがあったので、ついでに)
– Microsoft Visual Web Developer 2010 Express
– Microsoft SQL Server Compact 4.0 x64
– Microsoft SQL Server Compact 3.5 SP2 Query Tools
– Microsoft SQL Server 2008 R2 (Express Edition)
– Microsoft WebMatrix
– Microsoft SQL Server System CLR Types (x64)
– Microsoft Web Platform Installer 3.0 (WebPI 3.0)
– Microsoft SQL Server 2008 R2 Native Client 
– Microsoft SQL Server 200r R2 Management Objects (x64) 

SQL Server 2008 R2 サービスダッシュボードレポートで状態確認します。

問題なさそうですね。

では、Visual Studio 2010 Professional SP1 から、Windows Azure アプリをビルドし Windows Azure エミュレータ(ストレージ、コンピュータ)起動チェックしましょう。

イニシャライゼーションが正常動作します。

ストレージ・エミュレータの状態(動作中)、エンドポイント(ローカルホスト)情報の確認できました。

ストレージが上がっているので、コンピュート・エミュレート(ここではシングルインスタンス)も問題なく。

メモ:この時の、DevelopmentStorageDb20110816 BLOB オブジェクト実行の統計を参照すると

問題なく正常動作で統計出力に成功します。

===

MVC モデルの(ローカル・エミュレート)動作も問題なく。

よくあるフォーム認証でアカウントの新規作成。

作成したアカウントでログイン

ログイン成功

===

折角なので web.config 接続文字列も確認しましょう。

<connectionStrings>
    <add name="ApplicationServices" connectionString="data source=.SQLEXPRESS;Integrated Security=SSPI;AttachDBFilename=|DataDirectory|aspnetdb.mdf;User Instance=true"
      providerName="System.Data.SqlClient" />
    <add name="DefaultConnection" connectionString="Data Source=.SQLEXPRESS;Initial Catalog=aspnet_0123456789ABCDEF0123456789ABCDEF;Integrated Security=True;MultipleActiveResultSets=True"
      providerName="System.Data.SqlClient" />
  </connectionStrings>

ここでは、ローカルデバグ用 SQLExpress 環境なので接続文字列は 上記赤文字の通りです。

実際に Windows Azure へ接続する際には、 SQL Azure 管理画面で発行された ADO.NET 接続文字列を充てます。

Windows AzurePlatform 管理ポータルの SQL Azure データベースホームから、接続文字列を確認したところ。

では、アプリ側の web.config へ接続文字列を反映しましょう。

見やすく比較するため、もともとの項目をコメントアウトしています。

では、ここでビルドを行いプロダクト(ステージング)・リリースします。

そして先ほど同様に、Webブラウザからユーザ登録を行います。

MVC コントローラ内部のアカウント・コントローラが読み込まれ、ASPフォーム認証メンバシップとして、ユーザ登録が実施されます。

本当に SQL Azure でも登録されているか確認します。

aspnetdb テーブル内 [dbo].[Users] として次のカラムが定義されました。

インデックスとキーのリレーションを確認します。

メンバ登録した情報がデータ格納されていることが確認できました。ここでは UserName “yukio” が該当します。

===

ざっと、振り返ると、

Windows Azure, SQL Azure 開発においてローカル・エミュレート環境が動作しないとアプリケーション開発はまったく何も出来ないということになります。

今後のために:(自己への戒めを込め)

開発案件を引き受ける際は、専用の開発環境を構築すること。

 

以上

 

 

ASP.NETカテゴリの最新記事