コロナに負けず、できることを少しずつ。

[IT]統計解析ソフトウェア IBM SPSS Statistics 評価導入

NO IMAGE
0
(0)

[IT]統計解析ソフトウェア IBM SPSS Statistics 評価導入

 日頃は GNU PSPP https://www.fxfrog.com/archives/4368 をメインに使用しつつも、ビッグブルーへ完全業務移行を終えた SPSS Statistics 動向が気になる。大学院で SPSS アカデミック購入も出来ますが、必要性を見出すために、IBM SPSS Statistics 評価導入してみました。

また、社会科学分野のゼミ生が学内論文を含め、もっともらしい証明のための共分散構造分析を行う SPSS Amos についても、追々触れていきますね。

まずは SPSS Statistics について (昔使っていた方は、ここを読み飛ばしてください。特に大きな変更はありません)

http://www-06.ibm.com/software/jp/analytics/spss/products/statistics/

IBM SPSS Statistics は、統計解析の初心者からプロまでが利用するスタンダード・ツールです。社会調査の統計解析ツールとして1968年にスタンフォード大学で生まれた SPSSは、アンケート・データをはじめ、顧客購買データ、医療データなど、「人」に関するさまざまな「データ」をより簡単に、そしてより深く分析するためのサポート・ツールです。

===

[amazon_enhanced asin=”4489020201″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”4489020880″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”4489021003″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”4489021151″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]

===

■評価版入手

日本サイトではなく北米サイトからダウンロードによる評価入手手続きするといいでしょう。
大学や大学院に出入りしている業者相談しても、きっと同じ回答のはずです。

http://www-01.ibm.com/software/analytics/spss/products/statistics/

IBM SPSS Statistics 20 64ビット版 CI4G0ML.exe / 901 MB

■インストール(環境に因りますが、大体10分くらい)

評価環境:Panasonic Let’s note CF-S9 (RAM 6GB), SSD 512GB 換装, Windows 7 Professional SP1 (x64)

評価版ライセンス認証とローカルヘルプを展開するために、インターネット接続が必要です

画像は縮小して貼りましたが、クリックすれば原寸表示します。
インストールパスはすべて標準です。

個人で評価する方は、シングルユーザーライセンス ラジオボタンをチェックしましょう。

OS ロケール情報を参照しているので日本語リソースが標準で指定されます。

標準インストールパス:

C:Program FilesIBMSPSSStatistics20

一時使用を有効化しましょう。

一時使用ファイルがインストール時に自動生成されているので、これを選択します。

なお中身はテキストファイルです。

Webブラウザが開いて確認画面が表示されれば大丈夫。

私の環境は、 IBM ID でログイン済みだったので右上に名前が出ていますが、IBM ID をお持ちでなくても大丈夫です。

===

■評価動作確認

【Windows セキュリティの重要な警告】が表示されるのは、SPSS Statistics 起動マシン内にオンラインヘルプ用の httpd サービスが Java アプリケーションで起動するためです。

これは こういうものだと、予めご理解願います。

チューとリアムに進むもよし、データを入力もよし、既存のクリーを実行、データベースでウィザードを使用して新規クエリーを作成しても良し。

※GNU PSPP で作成した .sav っぽいファイルの動作保証はされてないのでご留意くださいね。

あとは、使っていけばなんとかなると思います。サンプルも多数詰まってますし。

あ、そうだ。日本語サンプルです。単位はドルだったりしますが。

このコンテンツを社会科学系の学生が読んでいれば、大学図書館へどうぞ。きっと SPSS Clementine や Amos に関する蔵書があるならば、Statistics に関する蔵書も高確率で収蔵されているはずです。なかったら、amazon で本を探して下さい。

===

[amazon_enhanced asin=”4489020201″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”4489020880″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”4489021003″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”4489021151″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]

===

以上

 

 

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

統計カテゴリの最新記事