0mQwZ7_fWmuEpjpIb4spwMw_m2UBeAHERC-XBv4vX_g

備忘録 Movidius Neural Compute Stick (NCS) 購入

Movidius Neural Compute Stick (NCS)を通販購入したい方向け

その前に、Movidius Neural Compute Stick (NCS) とは何じゃらほい?説明から。

■販売代理店マウザーによる紹介

ref. http://www.mouser.jp/new/Intel/intel-movidius-stick/

ntel® Movidius™ Neural Compute Stick(NCS)は、AIプログラミングを習得できるように設計された、ファンレス・ディープ・ラーニングUSBドライブです。 NCSは、より低い消費電力かつ高い性能のMovidius™ビジュアル処理ユニット(VPU)によって給電されます。 VPUは、何百万ものスマートセキュリティカメラ、ジェスチャ制御ドローン、産業用マシンビジョン機器などで目にすることができます。

このツールキットは、PC環境から組み込みアプリケーションに訓練されたニューラルネットワークを変換します。 Movidius Stickは、Caffeで表現されたネットワークを受け入れ、超低消費電力Myriad 2 VPUで実行するようにインテリジェントに最適化します。

訓練を受けたCaffeネットワークを入力するだけで、Neural計算ツールキットは組み込み推論用に準備された最適化バージョンを生成し、ネットワークの各レイヤーの詳細なプロファイリング情報を提供します。 Movidius Neural計算ツールキットは、オフラインでのディープ・ラーニング推論アプリケーションを、これまでにはなかった場所に展開します。

特徴

  • Convolutional Neural Network(CNN)プロファイリング、プロトタイピング、チューニングワークフローをサポート
  • リアルタイムのデバイス推論 – クラウド接続不要
  • エネルギー効率の高いカーボンナイロン処理を用いたMovidius™ビジョン処理ユニット(VPU)が特徴
  • 単一のUSB Type-Aポートで提供されるすべてのデータと電源
  • 同じプラットフォーム上で複数のデバイスを実行し、性能を拡張する
製品仕様

  • フォームファクタ: USBスティック
  • 寸法: 72.5x27x14mm
  • コネクタ: USB 3.0 Type Aプラグ
  • 動作温度: 0°~40°C

アプリケーション

  • スマートホームとコンシューマー・ロボティクス
  • 監視とセキュリティ
  • 小売
  • 医療用

■Movidius 読み方

モビディアス

■北米インテルに買収される前の深層学習スティック (NCS) の紹介動画

 

■北米インテルによる深層学習用 USB 3.0 アクセラレータ (NCS) 紹介動画

 

■ NCS ユーザガイド

https://developer.movidius.com/getting-started

動作環境は「An x86_64 computer running Ubuntu 16.04」とのことなので、ラズパイ3などで動作できそうですな。

■NCS SDK

https://ncsforum.movidius.com/discussion/98/latest-version-movidius-neural-compute-sdk

ちなみに、ラズパイサポート方法も掲載されています。

Movidius SDK and associated downloads:
1. Movidius™ Neural Compute (MvNC) SDK 1.07.07: MvNC_SDK_1.07.07.tgz which contains:
*MvNC Toolkit 1.07.06 for Profiling, Tuning, and Compiling your networks (Tookit unchanged from 1.07.06 SDK)
*MvNC API 1.07.07 for developing applications that accelerate your networks via the NCS hardware – now with Raspberry Pi support
2. MvNC SDK 1.07.07 Release Notes: NC SDK 1.07.07 Release Notes
3. MvNC API Documentation: NCS_API_1.07.07.pdf
4. MvNC Toolkit Documentation: NCS_Toolkit_1.07.06.pdf
5. MvNC SDK Getting Started Guide: NCS_Getting_Started_1.07.07.pdf
6. MvNC_SDK_1.07.07.sha512: MvNC_SDK_1.07.07.sha512 to optionally verify the software download.

 

===

■肝心の購入方法

1.マウザー(北米インテル代理店)サイトへアクセスします。
http://www.mouser.jp/new/Intel/intel-movidius-stick/

2.[BUY] ボタンをクリックし、オンライン決済まで完了させる。

3.発注に問題が無ければ登録したメールアドレスへお知らせが届く。インボイスは後日メールで。

mouser_Your Order Has Been Received

mouser_Your Order Has Been Received

4.10日ほどして出荷案内としてインボイスが届く。

mouser_Express Shipping invoice

mouser_Express Shipping invoice

5.ある日の夜、ポストに「なかなか受け取れないUPS」の「InfoNotice 不在通知表」が入ってる。

<UPSあるある伝説にハマったw>

トラッキング確認はできるが、再配達入力フォームが不思議なエンコーディング処理をしているのでダブルバイト、シングルバイト(半角英数字)ともに、すべてエスケープシーケンスされた文字になるUIで電話をするしかないです。。。 → https://www.ups.com/jp/ja/Home.page

東京のUPS拠点は(東京大手町)フリーダイヤル(フリーコール)番号があるものの、IVRもどきが音声ではなくWeb問い合わせをするように何度も繰り返すのは、正直萎えたし最後にオペレータと通話するなら「0番」をと言われ、0をプッシュすると Disconect されるという、IVRルーティング設定がおかしいんじゃね?的なUXです。

なので、発呼したら「4」、「0」を続けて押下することで即オペレータ通話へ遷移することをお勧めします。実際に、オペ待ち呼が溢れていたのかもしれませんが、それでも呼転送か呼保留にさせないIVRはダメです。

さておき、午前11時すぎにオペレータと通話し、本日午後2時~6時の間で再配達いただけるとのこと。

到着が待ち遠しいです。

<UPSあるある伝説にハマったw>

6.無事到着(予定)

以上

Comments are closed.