社会福祉 × キャリアデザイン (CD) × ICT (情報通信技術)スキルの強みを、社会資源化していくオッサンの blog

[ICT] Nordic nRF52840-DK | BT/BLE5 開発ボード

[ICT] Nordic nRF52840-DK | BT/BLE5 開発ボード

寝る前に試したく #nRF52 な nRF52840 DK をまた引っ張り出してきた。ドングル PC で BLE5 RSSI をモニタすると電子レンジの影響確認w。

本題は、mesh ではバケツデータリレーを使うと電力消費がそこそこになるので mesh が限定用途(照明制御)に向くのかなと思案しつつ、u-blox GNSS 外モジュール併用で数 cm 単位の測位対応するので、産業用機器の屋内外測位と mesh プロトコルスタックに 6LOWPAN (シックスロウパン)を挟むと、実装が厄介なものの フルスタックエンジニアは多方面からお仕事が多数やってくる時代に万歳!みたいな日々が続いていました。

いや、もうじき国試なんですが。

Nordic_nRF52840-DK
Nordic_nRF52840-DK

と思っていたのだが、Bluetooth SIG が Bluetooth 5.1 仕様公開で驚いたのが数センチメートル オーダーの屋内測位に対応とな。2019/01/29 (北米時間)

「Bluetooth Enhances Support for Location Services with New Direction Finding Feature」

The Bluetooth Special Interest Group (SIG) announced a new direction finding feature that holds the potential to significantly enhance the performance of Bluetooth® location services solutions. The new feature allows devices to determine the direction of a Bluetooth signal, thereby enabling the development of Bluetooth proximity solutions that can understand device direction as well as Bluetooth positioning systems that can achieve down to centimeter-level location accuracy.

ref; https://www.bluetooth.com/media/location-services

測位を実現するのは、インドア・ポジションシステムを用いた AoA と AoD の二つの実装によるもの。

Angle of Arrival (AoA), Angle of Departure (AoD), these two concepts are at the core of direction finding capabilities of Bluetooth 5.1.

ref; https://blog.nordicsemi.com/getconnected/bluetooth-5.1-puts-bluetooth-in-its-place


nRF52840 DK はファーム更新で、5.1 対応しないとのこと。
nRF52811  が SoC デバイスとしてリリース予定なので、またエンジニアリングサンプル調達をしなくては。

以上

未分類カテゴリの最新記事