コロナに負けず、できることを少しずつ。

[ML Study Jams Vol.4] Baseline: Data, ML, AI / Video Intelligence: Qwik Start 受講メモ

[ML Study Jams Vol.4] Baseline: Data, ML, AI / Video Intelligence: Qwik Start 受講メモ

GSP154 Baseline: Data, ML, AI の 1コマ「Video Intelligence: Qwik Start」
注意:30分コマです。
https://google.qwiklabs.com/focuses/603

受講者向け動画リンクがエラーなので探してきました。(尺:1分50秒)
https://www.youtube.com/watch?v=Z2eOfK2rzbs

概要

Google Cloud Video Intelligence は、使いやすい REST API でメタデータを抽出することによって動画の検索と発見を可能にします。これにより、カタログ内のあらゆる動画ファイルのどんな瞬間でも検索することができます。Google Cloud Storage に格納されている動画にアノテーションを付けて動画の主要エンティティ(名詞)を識別し、それらが動画内に出現するタイミングを特定できます。動画全体、ショットごと、あるいはフレームごとに関連情報を取り出すことで、シグナルとノイズを区別します。
(qwiklabs から引用)

ハンズオンの内容メモ

目的:動画内検索を行います。
→保存された動画にアノテーションを実行し、動画に出てくる名詞(品詞)を認識して、その場面を知らせてくれます。REST API を使ったメタデータの抽出により、どのように動画内検索が可能となっているのか理解します。

機械学習や Computer Vision の知識がなくても動画ファイルからインサイトを抽出できます。

ハマった箇所:

■ IAM で サービスアカウント キーファイルを作成します。

quickstart@GCPプロジェクトID.iam.gserviceaccount.com が適切に作成されたことは IAM と 管理 > サービス アカウントから確認できます。

■アノテーション付き動画のリクエストを行うため、好きな vim を使って request.json  を作成。

curl を使用して videos:annotate リクエストを作成し、出力されたアクセス トークンで ACCESS_TOKEN を置き換え、エンティティ リクエストのファイル名を渡そうとするも・・・

“status”: “UNAUTHENTICATED”

UN AUTHENTICATED って、そんな切ない orz.

他のクレデンシャルを作成しようと思い、quickstart2 という IAM サービスアカウントを作成しようとして気付いた。

ERROR: (gcloud.iam.service-accounts.create) User [quickstart@qwiklabs-gcp-02-1741236f4d07.iam.gserviceaccount.com] does not have permission to access project [qwiklabs-gcp-02-1741236f4d07] (or it may not exist): Permission iam.serviceAccounts.create is required to perform this operation on project projects/qwiklabs-gcp-02-1741236f4d07.

そう、このプロジェクトは課金対象ではないということ。

ラボ終了&Google フィードバックを送信しました。

私の学習(認識)違いかもしれませんが、Video Intelligence: Qwik Start は未終了です。メンターさんへ Help を出そうかな。

何か判明したら更新するかも、しないかも。

まだまだコマは続くよ・・・。

ご覧いただき有難うございました。

===

追記:Qwiklabs からメール受信しました。100.0% 完了したよ、と。

以上

Baseline: Data, ML, AIカテゴリの最新記事