コロナに負けず、できることを少しずつ。

[狂騒] Nintendo Switch を定価で購入するまで

[狂騒] Nintendo Switch を定価で購入するまで

周囲とコミュニケーションロスがあるとすれば、あつ森、リングフィットについて何も語れないこと。

別にそれでも良かった。抽選なんて当たらないので運試し的な感じで応募してきた。【落選のお知らせ】はお祈りメール。個人情報を抜くだけ抜かれたんだと思うが別にいい。私の購入ポリシーは、個人情報保護規定を明確開示している企業の抽選販売のみ対象。

転売ヤーから購入すると、個人情報を必要以上に抜かれるので「それだけは絶対に嫌だ」と思ってきた。

任天堂公式ホームページより抜粋。税別本体価格 29,980円
(10% 税込価格 32,978円)
https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/feature/index.html

品薄だからといって定価+消費税価格以上で購入するのは絶対に考えられない。

上から順に Amazon、楽天、メルカリのスクリーンショット。(20/07/22現在)

毎週火曜日午前9時 Amazon 限定販売

この機会は!と思っていたが【その時間は就業開始時間】。
テレワークと言えども就業時間は守りたい。
実際は午前8時過ぎから業務開始して、ようやく午後5時30分に業務終了が迎えられるほどの業務量。テレワーク/出社どちらも関係なく、それなりに繁忙が続く。時間調整すれば Amazon ショッピングできそうであるが、プライベートながら業務で数字が獲れるほど営業は甘くない。

ビックカメラ、任天堂の抽選販売の落選通知は見飽きた・・・あれ?あれれ??

補欠当選のような当選メールだった。
手の込んだフィッシングメールかも知れない】という邪推な気持ちになった。

毎回落選が続くと、釣りメール(標的型攻撃メール)をガチで勘繰る

ここはセオリー通りメッセージヘッダを確認する。
SPF レコードがあることを前提のうえで。

念には念を。whois.jprs.jp と mx lookup を。

得られた情報から前述のメッセージヘッダに問題がないことを確認した。
比較対象として、これまでの落選通知と同じ from であることも確認した。

本当だろうか?参照している DNS が汚染されていないだろうか。
疑心暗鬼 MAX 故に、バックアップモバイル回線から接続してみた。

おお!注文画面へ進める。
税込み価格 32,970円 (330ポイント付き)。

そして、発送状態を確認。

まだ Switch は届いていないけど、地道に抽選応募エントリをし続けた甲斐がありました。

ご覧いただき有難うござました。

以上

任天堂 Switchカテゴリの最新記事