コロナに負けず、できることを少しずつ。

[ICT][MSLearn] Azure / HTTP 要求を受信したときに関数を呼び出す HTTP トリガーを作成する学習メモ

[ICT][MSLearn] Azure / HTTP 要求を受信したときに関数を呼び出す HTTP トリガーを作成する学習メモ

MSLearn 学習メモです。

対象コンテンツ: トリガーを使用して Azure 関数を実行する – Learn | Microsoft Docs

使い道が多くある HTTP トリガーについて

// MSLeran からの引用です。

HTTP トリガーとは、HTTP 要求を受け取ったときに関数を実行するトリガーです。 HTTP トリガーには、次のような多数の機能やカスタマイズがあります。

  • キーを指定し、承認されたアクセスを提供します。
  • どの HTTP 動詞をサポートするかを制限します。
  • 呼び出し元にデータを戻します。
  • クエリ文字列パラメーターまたは要求本文を介して、データを受け取ります。
  • 関数 URL を修正するために URL ルート テンプレートをサポートします。

HTTP トリガーを作成する場合、プログラミング言語を選択し、トリガー名を指定し、承認レベルを選択します。

実装および実施例 (URLは現在無効です)

https://functionapp20210410.azurewebsites.net/api/HttpTrigger1?code=buDUomzJagSAbRrl9ilCwWuQqFinpNTzGTMsajTlU8jQM3BdFuKCFQ==

https://functionapp20210410.azurewebsites.net/api/HttpTrigger1?code=buDUomzJagSAbRrl9ilCwWuQqFinpNTzGTMsajTlU8jQM3BdFuKCFQ==&name=Azure

HTTPトリガーをサーバレス実装する他クラウド例(アプリケーション LB 対応)

GCP Cloud Functions
HTTP トリガー  |  Google Cloud Functions に関するドキュメント

AWS Lambda
AWS Lambda(イベント発生時にコードを実行)| AWS (amazon.com)

OCI Functions
サーバーレスOracle Functionsを呼び出すための完全ガイド | Oracle Technology Network Japan Blog

以上、ご覧いただき有難うございました。

Azureカテゴリの最新記事