コロナに負けず、できることを少しずつ。

[IT] Java EE 6 SDK 導入方法 (Windows)

NO IMAGE

Java EE 6 SDK 導入方法 (Windows) です。

(JDK7 が導入されている環境で実施します)

※インストールに要した時間は Windows 7 Pro x64,  intel C2D E8200, RAM 6GB, SATA3 HDD, FTTH 環境下で 8分でした。

[amazon_enhanced asin=”143022889X” container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”4822282287″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”477412222X” container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”B003BNZYUE” container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]

===

■ Java EE 6 SDK 入手先

http://www.oracle.com/technetwork/java/javaee/downloads/index-jsp-140710.html

ここから赤枠内の Java EE 6 SDK をクリックする。

■ダウンロードリンク

 Download78.44 MB java_ee_sdk-6u3-windows-ml.exe
 Download71.39 MB java_ee_sdk-6u3-windows.exe

どちらでも好きなほうを選択。ここでは java_ee_sdk-6u3-windows-ml.exe とする。

■入手した java_ee_sdk-6u3-windows-ml.exe を管理者権限で実行するとインストールが開始される。

(次へをクリック) ↓

 (次へをクリック)↓

 (次へをクリック) ↓

 (次へをクリック) ↓

 (次へをクリック) ↓

 ネットワーク保護を確認してアクセスを許可する ↓

 新規ソフトウェアが入手可能ならば、インストールをクリックする ↓

 まもなくセットアップ完了です ↓

  ネットワーク保護を確認してアクセスを許可する ↓

 インストール完了です。終了をクリックします。

 

 

===

[amazon_enhanced asin=”143022889X” container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”4822282287″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”477412222X” container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”B003BNZYUE” container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]

===

■動作(アプリケーションサーバを起動)

コマンドラインから
C:glassfish3glassfishbinasadmin.bat start-domain domain1

(または Java EE 6 SDK プログラムグループ内から Application Server 起動)

 

動作確認先: http://localhost:8080/

 

クイックスタートガイド同様の環境になっているでしょうか?

Default Administration Values

Table 2 Default Administration Values

ItemDefault Value or Location
Domain namedomain1
Master passwordchangeit
asadmin(1M) command-line utilityas-install/bin
Configuration filesdomain-dir/config
Log filesdomain-dir/logs
Administration server port4848
HTTP port8080
HTTPS port8181
Pure JMX clients port8686
Message Queue port7676
IIOP port3700
IIOP/SSL port3820
IIOP/SSL port with mutual authentication3920


===

■管理サーバ

http://localhost:4848/

ここまでくれば、大丈夫ですね。

あとは Eclipse 等で開発したものを、ここでアプリ配置して動作確認を行うという環境準備が整いました。

また開発しなくても「更新ツール」を用いて安定したパッケージを導入し、パラメタ(プロパティ)を環境調整すれば同様にこの画面からアプリ配置も可能です。

 

以上

 

 

 

未分類カテゴリの最新記事