社会福祉 × キャリアデザイン (CD) × ICT (情報通信技術)スキルの強みを、社会資源化していくオッサンの blog
NO IMAGE

FX FROG は自宅サーバで運用なう。

これまでは Fedora Core 12 (x86) でしたが、2010/04/26 から Microsoft Winodws 2008R2 Server (x64) にて稼動しています。

ハードウェアは intel atom D510 (アトム・デゴイチ)です。

Intel マザーボード Essential mini-ITX BOXD510MO 

↑ FX FROG 自宅サーバのマザーボードです。低消費電力でコンパクト。

AOpen(AII) スリム型PCケース(MINI-ITX) S145A-160BK

↑上記のマザーボードを収容している Mini-ITX 電源付きケースです。

3.5′ HDD を実装できるのでトータルコストは安価に出来ました。

LG電子 GSA-T50N スリムラインSATA接続 トレイ式 スーパーマルチ スリムドライブ バルク品

↑ ネットワーク・インストールを行える自宅環境ですが、スリムライン DVDドライブを装着しています。

TEAM TeamElite PC6400 DDR2 Long-DIMM 800MHz 2GB CL / Speed 5-5-5-15 Voltage 1.8V± 0.1V TEDD2048M800C5

↑RAM DDR2/800 は出来ることならメジャーチップによる 2GB 2枚挿しが望ましいですね。しかもリンク先はアキバよりも低価格です。

FX FROG は予算都合で変人(変換名人)メモリ DDR2/800/2GB 1枚挿しで運用なう。

WesternDigital CaviarGreen 3.5inch 5400rpm 2TB 64MB SATA/3.0Gbs 500GB/plt WD20EARS-R

↑これが欲しかったが、ソフマップ新宿店のタイムサービスで 1TB HDD を購入。

スペックは 7,200rpm / Cache 64MB / 6.0Gbps (って、intel atom D510 ではオーバースペック気味だけど)

コンピュータの基本的な情報の表示
コンピュータの基本的な情報の表示

自作PCカテゴリの最新記事