コロナに負けず、できることを少しずつ。

[CUDA] 高速GPU プログラミング環境 導入方法 (For Windows CUDA4.0 / x64)

NO IMAGE

本書はオフィスサイトウ(東京都杉並区/代表:斉藤之雄)が CUDA 教育業務の一環として作成したものから、Web 一般公開用に編集し直したものです。

[amazon_enhanced asin=”4777514773″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”4862461336″ container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”479802578X” container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]  [amazon_enhanced asin=”484432814X” container=”” container_class=”” price=”All” background_color=”FFFFFF” link_color=”000000″ text_color=”0000FF” /]

■前提条件(環境)
– Microsoft Windows 7 Enterprise SP1 x64
– RAM そこそこ高速なDDR3 / 8GB以上が望ましい
– HDD そこそこ高速な環境 SATA /3 接続が望ましい
– VGA  NVIDIA CUDA 対応であること。入門用 GT520 / GT440でも可

■必要ソフトの入手
http://developer.nvidia.com/cuda-toolkit-40 ここへアクセスしてください。

■インストールする順序(重要)

  1. Developer Drivers for WinVista and Win7 (270.81)
  2. CUDA Toolkit
    • C/C++ compiler
    • Visual Profiler
    • GPU-accelerated BLAS library
    • GPU-accelerated FFT library
    • GPU-accelerated Sparse Matrix library
    • GPU-accelerated RNG library
    • Additional tools and documentation
  3. *NEW* CUDA Toolkit 4.0 Build Customization BUG FIX Update
    Fixes  error message “$(CUDABuildTasksPath) property is not valid”これは VisualStudio2010 ソリューショネクスプローラからプロジェクトをビルドしようとしたときに「$(CUDABuildTasksPath)」プロパティが有効ではないバグ修正するものです。得られたファイルを「 C:Program Files (x86)MSBuildMicrosoft.Cppv4.0BuildCustomizations 」へコピーする。
  4. GPU Computing SDK – complete package including all code samples標準インストール先 「 C:ProgramDataNVIDIA CorporationNVIDIA GPU Computing SDK 4.0 」
  5. Parallel Nsight 2.0 — – Microsoft Visual Studio 2010 Professional 以上の開発環境を導入の方のみインストールしてください。

    規定値では Parallel Nsight Monitor and HUD は無効になっていますが、ここではインストール有効にしました。

  6. CUDA Tools SDK (APIs for 3rd party performance analysis tools and cluster management solutions)
お疲れ様でした。

■nvcc バージョンチェックしましょう。

コマンドプロンプト: nvcc –version ↑出力結果

■念のため環境変数を参照しましょう (すべて x64 環境下にあること)

CUDA_BIN_PATH=C:Program FilesNVIDIA GPU Computing ToolkitCUDAv4.0\bin
CUDA_INC_PATH=C:Program FilesNVIDIA GPU Computing ToolkitCUDAv4.0\include
CUDA_LIB_PATH=C:Program FilesNVIDIA GPU Computing ToolkitCUDAv4.0\libx64
CUDA_PATH=C:Program FilesNVIDIA GPU Computing ToolkitCUDAv4.0
CUDA_PATH_V3_2=C:Program FilesNVIDIA GPU Computing ToolkitCUDAv3.2
CUDA_PATH_V4_0=C:Program FilesNVIDIA GPU Computing ToolkitCUDAv4.0

以上

CUBLASカテゴリの最新記事