コロナに負けず、できることを少しずつ。

[IT] 数値解析ソフトウェア GNU Octave 導入 (Windows / cygwin)

NO IMAGE

■ 数値解析ソフトウェア GNU Octave 導入 (Windows / cygein)

マトラボの代替ソフトウェアを探してて、グニュ オクターブに出逢った。
http://www.gnu.org/software/octave/

 

 

 

 

 

 

 

GNU Octaveは

主に数値計算用の高レベルインタプリタ言語です。それは線形と非線形問題の数値解法のための、および他の数値実験を行うための機能を提供します。また、データの視覚化と操作のための豊富なグラフィックス機能を提供します。オクターブは通常は対話型のコマンドラインインターフェイスを介して使用されますが、それはまた、非対話的なプログラムを書くために使用できます。ほとんどのプログラムは簡単に移植できるようにOctave言語はMatlabに非常に似ています。

===
Windows環境へ導入する

2011年10月10日付バージョン3.4.3(バグフィックス版)がリリースされたとのことであるが、Windows 環境には MinGW 環境で動作するパッケージ(バージョン 3.2.4) を利用したほうが無難そうである。

入手先: http://downloads.sourceforge.net/project/octave/Octave_Windows%20-%20MinGW/Octave%203.2.4%20for%20Windows%20MinGW32%20Installer/Octave-3.2.4_i686-pc-mingw32_gcc-4.4.0_setup.exe?r=http%3A%2F%2Foctave.sourceforge.net%2F&ts=1321858110&use_mirror=jaist

最新バージョン 3.4.3ではないので、機能としては正しく把握しておく必要がある。
3.2.4 (7,124スクリプトを包含する以外)についての主な項目は次の通り。

 * Compatibility with Matlab graphics has been improved. * New experimental OpenGL/FLTK based plotting system. * Improvements to the debugger. * Improved traceback error messages. * Object Oriented Programming. * Block comments. * Single Precision data type. * 64-bit integer arithmetic. * New functions for reading and writing images.

===

インストール手順

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メモ:Intel Pentium 4 動作・標準構成で 335.9MB 必要とするが、次のコンポーネント選択画面で、どのオクターブ・フォージ(パッケージ)を追加するかによってその必要サイズは増大する(最大 375.6MB)ので注意が必要。

スタートメニュー・フォルダー名(ショートカット)を確定し、Install ボタンクリックでインストールが始まります。

===

オクターブ・フォージ(パッケージ)補足情報

次のものが同梱されている。

 actuarial-1.1.0 audio-1.1.4 benchmark-1.1.1 bim-1.0.0 bioinfo-0.1.2 combinatorics-1.0.9 communications-1.0.10 control-1.0.11 data-smoothing-1.2.0 econometrics-1.0.8 fenv-0.1.0 financial-0.3.2 fixed-0.7.10 fpl-1.0.0 ga-0.9.7 general-1.2.0 generate_html-0.1.2 gnuplot-1.0.1 gpc-0.1.7 gsl-1.0.8 ident-1.0.7 image-1.0.10 informationtheory-0.1.8 integration-1.0.7 io-1.0.11 irsa-1.0.7 java-1.2.7 jhandles-0.3.5 linear-algebra-1.0.8 mapping-1.0.7 miscellaneous-1.0.9 missing-functions-1.0.2 msh-1.0.0 nlwing2-1.1.1 nnet-0.1.10 nurbs-1.0.3 ocs-0.0.4 oct2mat-1.0.7 octcdf-1.0.17 octgpr-1.1.5 odebvp-1.0.6 odepkg-0.6.10 optim-1.0.12 optiminterp-0.3.2 outliers-0.13.9 physicalconstants-0.1.7 plot-1.0.7 quaternion-1.0.0 signal-1.0.10 simp-1.1.0 sockets-1.0.5 specfun-1.0.8 special-matrix-1.0.7 spline-gcvspl-1.0.8 splines-1.0.7 statistics-1.0.9 strings-1.0.7 struct-1.0.7 symband-1.0.10 symbolic-1.0.9 time-1.0.9 video-1.0.2 windows-1.0.8 zenity-0.5.7

===

使い方

・公式サイトの日本語マニュアル(ただし、バージョン 2.1.x 準拠のもの)
http://www.obihiro.ac.jp/~suzukim/masuda/octave/html/

・インストール時に同梱されるマニュアル
C:Octave3.2.4_gcc-4.4.0doc 配下に html, pdf それぞれ格納されます。

おススメは 671ページから構成される  C:Octave3.2.4_gcc-4.4.0dococtavepdfoctave.pdf ですが、英語で書かれているだけでなく、数値解析独特の用語多数。とても読む気になれません。

===

FXFROG式 Octave使い方(超初心者向け)

まず cygwin から octave 起動させます(引数なしで)

 はい、起動しました。

コンソール操作なので、動作がおかしい?と思ったら Ctrl + C で抜けてください。
それでも、丸ごとジョブ(プロセス)を落としたいときは Ctrl + Z で終了することもできます。

次に pi ( + Enter ) と打鍵しましょう。
答えは何が表示されますか → 答え___________

四則演算は基本的に、一般的なパーソナルコンピュータの世界で採用されている演算子を使用できます。

商積和差演算ならば、/ * + – ですね。

幾つか演算子を入力を繰り返したり、外部ファイルを読み込んで正しく演算あるいは検定できないときがあります。その時は次のように表示されますが

parse error: syntax error

きちんと、どの箇所でそのパースエラーが発生し、どんな誤差(エラー)が発生したのかを示してくれます。この場合は文法エラーなので、シンタックスエラーが表示されます。

===

画像でプロットして、いかにも「やってる感」的なことを表示させたい・・・

その手順についてですが

cygwin から startx コマンドで xwindow を起動させておきましょう。

cygwin インストール時に Cygwin/X X Server を導入していればビルド・バージョンが違えど、このような about ウィンドウを表示できるはずです。 cygwin 導入後からもパッケージ追加出来るので、未導入環境では是非インストールなさってください。

memo: ローカルホストのみの動作であれば
C:cygwinbinrun.exe /usr/bin/bash.exe -l -c /usr/bin/startxwin.exe
C:cygwinbinrun.exe -p /usr/X11R6/bin xterm -display 127.0.0.1:0.0 -ls

万一、不幸にも次のようなメッセージが表示されたら

$ 1 [main] xterm 8404 C:cygwinbinxterm.exe:
*** fatal error - unable to remap C:cygwinbincygXfixes-3.dll to
same address as parent: 0x3F0000 != 0x69F40000
Stack trace:
Frame Function Args
0028AA28 6102749B (0028AA28, 00000000, 00000000, 00000000)
0028AD18 6102749B (61177B80, 00008000, 00000000, 61179977)
0028BD48 61004AFB (611A136C, 6123D4F4, 003F0000, 69F40000)
End of stack trace 1 [main] xterm 10416 fork: child 8404
- died waiting for dll loading, errno 11
xterm: Error 29, errno 11: Resource temporarily unavailable
Reason: spawn: fork() failed

あああ、orz. なんです。

ということで、まずはここまで。

以上

Cygwinカテゴリの最新記事