コロナに負けず、できることを少しずつ。
NO IMAGE

[IT] Microsoft Office Web Apps 2010 (x64)

 

昨年マイクロソフトさんからテクニカルプレビュー招待を受け、Windows Live SkyDrive に保存した Offie ドキュメントを Office Web Apps で編集や公開( Google ドキュメント風)出来る事を確認していたが、今回企業向けユーザ評価版 (Technet Subscription) がリリースされたので早速、Windows Server 2008 R2 上でインストールと動作確認した。

なお、Windows Server 2008 R2 を用いない Web (MSクラウド)版も存在し Office 2010 保存先に直接 SkyDrive 出力対応となっているが、Office 2010 は使わせるものの外部ストレージへのいかなる保存を許可しない組織(金融機関など)で文章管理規定が正しく制定され運用されている場合、本サーバ製品と有効(使える)可能性が極めて高いと考える。

また、SharePoint 2010 と連動するように作られている。

■インストールの流れ

ここまで、intel E8200 / RAM 4GB 環境で僅か 3分でした。

===

■引き続き、SharePoint 製品構成ウィザードを今すぐ実施しましょう。

===

■動作確認

初回アクセス先

http://SharePointインストールホスト:ポート番号/_admin/adminconfigintro.aspx?scenarioid=adminconfig&welcomestringid=farmconfigurationwizard_welcome&isupgrade=true

===

Share Point ファームの構成にて次のサービスが追加されます。

Excel Services アプリケーション
ブラウザーで Excel ファイルを表示したり、対話形式で操作したりできます。

PowerPoint Service アプリケーション
Web ブラウザーでの PowerPoint プレゼンテーションの表示、編集およびブロードキャストを有効にします。

Word Viewing Service
Word 文書を Web ブラウザーで表示できるように準備するためのサービスです。

↑ この処理中メッセージがいつ表示されるかで、プロビジョミングの上手下手が判明します。

取り急ぎ、ここまで。

以上

Microsoftカテゴリの最新記事