コロナに負けず、できることを少しずつ。
NO IMAGE

 翌早朝に飛行機に乗る予定がありましたのワタクシ。到着後すぐにビーチダイビングの予定。ひょっとしたら到着地では長く潜りたい、そんな衝動に駆られる可能性がありました。

大瀬崎 (2010-12-02)

少しでも潜降時間を延長させてくれるのは「ナイトロックス」という混合ガスの存在を知っていました。窒素と酸素の混合ガス。

って地球上の空気も混合ガスなんだけど、私たちが通常吸っている酸素の濃度は 21% 。この酸素濃度を高めた特別な混合ガスをダイビングタンクとして使用するには

エンリッチド・エア・ナイトロックス・スペシャルティー(EANSP) 合格

が必要とのこと。酸素濃度が高い=残留窒素量が小さい=減圧症になりにくいと考え、EANSP講習と実習を受けました。空気アナライザで 32.3% (1本目)、32.6%(2本目) のナイトロックス・タンクを使って潜って、翌朝飛行機に乗り、すぐさまビーチダイブへ出掛けましたが減圧症になっていませんでした。

凄いです。ダイビングした翌日のアサイチ飛行機(午前6時20分 HND発) に搭乗、そしてダイビングですよ。

繰り返します。大事な事なので、ナイトロックス、最高です。

===

■ナイトロックスタンクを担いでビーチエントリー (左腕が不思議な空間にハマってますが気にしない)

■熊のぷーさんと

■楽しいクリスマスシーズンに欠かせない、クリスマスツリーと。

===

■今日の帰り食事

足柄サービスエリアで「京風おこわ」と「マック・アイコンチキン」。

何よりも安さが一番です。

以上

Divingカテゴリの最新記事