社会福祉 × ライフキャリア × ICT (情報通信技術)スキルの強みを、社会資源化していくオッサンの blog

[ICT] MacBook で ラズパイゼロのイメージを簡単に microSD へ書き込む

[ICT] MacBook で ラズパイゼロのイメージを簡単に microSD へ書き込む

 普段は Windows 環境でバリバリなのですが、目の前に MacBookPro (Mid 2018) があったので、極力コマンドを打たない方法を探してみました。(コマンドでバチコーン打鍵するのは慣れていますが、コマンド叩けないとダメという風潮を壊したいw)

■ラズパイのイメージを準備

  1. ラズパイのイメージ入手https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/
  2. Raspbian Stretch with desktop and recommended softwareをダウンロード。
  3. イメージの圧縮解除を行うと、5.3 GB のファイルサイズ。
2018-11-13-raspbian-stretch-full.img

4. エッチャーをダウンロードして使えるようにする。https://github.com/balena-io/etcher/releases/download/v1.5.19/balenaEtcher-1.5.19.dmg

5. エッチャーの Select Image には “3” で準備した img を指定し、Select Drive には、microSD (Thunderbolt 3 – TypeC / MicroSD (8GB 以上のスロットイン)を指定、”Flash” を押下すると書き込み開始です。

6. 書き込み中の様子。

■書き込んだ microSD へお約束事項を準備する。

bash / mount コマンドで microSD マウント状況を確認し、

7. ラズパイゼロ起動時に ssh が起動するように ssh 空ファイルを作成。

$cd /Volume/boot
$touch ssh
$pwd (念の為、間違っていないことを確認)

8. 無線LANファイルを作成。vim 操作が苦手な方は良い機会なので覚えてください。めちゃ便利な道具ですので。

$ vi wpa_supplicant.conf
country=JP
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={ ssid="SSIDを入力" psk=ハッシュ値(平文の場合は「"(ダブルクォート)」で囲む)
}

9. microSD をアンマウントして手動で取り外す。

$diskutil umount /dev/disk4s1
ここまでの手順スクリーンショット。

10. 引き続き microSD をラズパイゼロ(へ挿入して)完了です。あとは、よくあるラズパイゼロの動かし方でお遊びください。ここでは、ラズパイゼロ・USBドングル化しています。

ご覧いただき有難うございました。

以上

MacBook Pro 2018カテゴリの最新記事