コロナに負けず、できることを少しずつ。

[学習] マイクロソフト認定資格 MCP を 4ヶ月間で8種類合格。

[学習] マイクロソフト認定資格 MCP を 4ヶ月間で8種類合格。

お仕事で AZ900 取得必要性に迫られたのが「最初のキッカケ」

AWS (SOA, CLF) 認定資格は失効 / Expired。取得状況(バッジ)は次の通り。

AZ900 は前職でも取得しており合格は2度目。
資格に紐づけたメールアドレスが前職 ●ddi.com のため移管できず。orz.

少しだけ職業経験を振り返ります。(この振り返りが資格取得にも役立ちました)

現在は ●ast-ミカカ.com (SE付けプリセールス/案件創出)で前職は ●ddi.com (営業付けフルスタックエンジニア/アウトバウンド営業や協業ベンダー開拓を含む) でした。両者ともに似ていますが、大きな違いについて前職は実質的にセルラー IoT 通信モジュールの FAE がメインで、モジュールファームウェアの構成(チップセット)からセルラー基地局調整指示~閉域収容。 AI/ML クラウド基盤によるサービスドリブン(収益)を増やしていくアカウント営業がメインの業務でした。フルスタックエンジニア経験を背景に持つ先輩や同僚がいなかったので、コロナ禍が来るまでは面白いように案件創出し放題でした。それどころか、IoT エッジアプライアンスの企画など楽しい日々でした。

コロナ影響はとても大きく半導体の調達影響が一番でしょうか。フルスタックエンジニア経験はクラウドでしか生きられないなと思いつつ、運良くミカカへやってくると社内に Center of Excellence (CoE) コミュニティでパブクラを学習する仕組みが用意されていました。コミュニティ参加者の最低目標は MCP AZ900 合格とのこと。
そして、Microsoft Ignite Cloud Skills Challenge 2021 イベント期間で無償受験できることや、Microsoft による Enterprise Skills Initiative を通じた幾つかの無償受験が設定されていました。いろいろな意味でタイミングが良かったのだと思います。職場に感謝です。それまでは AWS Love 、他のパブクラは余裕があれば対応しますモード。
今は Azure 最優先です。

Enterprise Skills Initiative は最高の無償受験付き学習環境

その昔、CTEC (Certified Microsoft Education Center) / Microsoft University 教育事業も営む某社勤務時代は MCP, MCSE 受験のためのバウチャーチケット入手争奪戦がありました。飲み会で教育チームのメンバをヨイショするなど、それはそれで大変でした。それでも年4回程度は無償受験で細々と MCSE は 2年掛かりで取得など。

ところが、ESI は最高です。そのまま、ポチっとな!でピアソンビュー直結です。全資格受験が無償ではないものの、前述した Ignite イベントで入手した無償受験も併用することで興味の赴くまま受験の鬼となりました。

ちなみに、YUKIO SAITO 名義は ESI で受験した科目。YUKIO SAITOH 名義は 個人で受験申込した科目。
これで ESI 利用かどうかを区別しています。

某東日本社 クラウド スキル カルチャー(Cloud Skills Challenge) に参加

同じ支店の SE とチームを組んで東日本の支店対抗による学習スキルコンテストがありました。使用するツールは MSLearn で一定期間のポイント数を競うもの。その時、既に Lv.10 を超えていたので【んなもん、絶対的に不利やないか~】と思ったこともありますが、高度な科目をチャレンジすれば学習ポイント付与も高くて結果的には問題はありませんでした。

この学習スキルコンテストの結果は、クラウド専業グループ会社 を抜いて堂々の一位となりました。
MSLeaen は適当に「次へ」連続押下やスキルチェックは何度もやり直し可能なので、本当に実力が培われているのかを評価するのは MCP (マイクロソフト認定資格)合格で証明するしかないと考えました。そして、自分のみならず周囲の支店 SE が最低 AZ900 に合格しパブクラ案件に強い組織に貢献したいなと常々思っています。AWS DirectConnect, GCP GCI 等の閉域土管も提供できるので、Azure ExpressRoute のみならず広くパブクラをリセールしまくりたい想いです。現職で IoT に特化した商売はありませんが DX に結び付けることで過去の経験は決して無駄になることはなく、自身のキャリア形成に役立っています。

受験結果(合格)

  1. AZ-900 合格日 2021/04/12
  2. AI-900 合格日 2021/05/01
  3. DP-900 合格日 2021/06/05
  4. MB-901 合格日 2021/06/22
  5. PL-900 合格日 2021/07/17
  6. AI-102 合格日 2021/07/22 ← 初の中級試験。(北米では初級扱い)
  7. SC-900 合格日 2021/07/28 ※オリンピック フィールドキャスト参加中
  8. MS-900 合格日 2021/08/03 ※オリンピック フィールドキャスト参加中

自分語りモードでちょっとウザいかも的な今後の展望。

技術力があってもビジネススキルが低ければ案件創出はできません。また、炎上プロジェクトを起こさないようにするには、このビジネススキルを向上しなければなりません。案件創出(プリセールス)の段階で基本設計まで落とし込んでいれば炎上プロジェクトに繋がり難いというのが持論です。

引き続き MCP 受験は上級試験の合格を目指しながらも、リーダー職を担う場面が多いので改正民法により葬られた瑕疵担保責任に対する新しい法理解などのビジネス実務のスキル向上が急務だと思います。そして、即席チームで最高の活動パフォーマンスを達成するためのリーダーシップ(フォロワー/メンバーシップ)組織科学を最新のスキルセットで更新し続けたい。職場だけの人生ではなく、社会資源の一員として生活をし続けられるように日々スキル更新へ。

以上、ご覧いただき有難うございました。

Azureカテゴリの最新記事