コロナに負けず、できることを少しずつ。

仮想

1/2ページ

[IT] Fedora14 on Hyper-V NIC設定について

[IT] Fedora14 on Hyper-V NIC設定について    こないだ twitter で Fedora14 を Hyper-V で動作させるときの NIC 設定について問い合わせをいただいたり、当サイトへ「Fedora 14 and Hyper-V」検索による来訪が増えているので説明します。 === 【図・Fedora 14 (uname 確認後、ifconfig 確認したところ) […]

[IT] SCVMM で新しいバーチャルマシンを作成するスクリプト

[IT] SCVMM で新しいバーチャルマシンを作成するスクリプト   SCVMMで【バーチャルマシン】設定プロパティとして、仮想ネットワークインタフェイス、仮想CPU種別(コア数)、ディスクサイズ、BIOS条件、IDEデバイス、バーチャルマシン値(管理名)、所有者値(AD管理者)、宛先ライブラリサーバ値(FQDN名)、パス値(UNCフルパス値)をを GUI 上から設定し、『スクリプトの表示』を押 […]

[IT] Hyper-V で CentOS 5.5 稼働 (uptime差異)

[IT] Hyper-V で CentOS 5.5 稼働 (uptime差異)    CentOS 上の uptime は 4日以上なのに、Hyper-V では 3日になっています。この差異がどこから生まれるのか・・・ === ■思考 逆だったら・・・ Hyper-V 4日以上、CentOS 3日以上ならば、仮想環境起動時からの稼働時間として理解できる。 もしかすると、Hyper-V 稼働ホスト […]

[IT] Hyper-V へ CentOS 5.5 text install 時に使用する NIC

[IT] Hyper-V へ CentOS 5.5 text install 時に 使用する NIC    予め仮想ネットワークマネージャで定義済みの仮想スイッチを選択するといいでしょう。 === なので、この例でインストールコンソールでの指定は次のものとなります。 以上 以上

[IT] Hyper-V 環境へ Fedora 13 インストール 1/2

[IT] Hyper-V 環境へ Fedora 13 インストール 1/2     今さら感がしますが、intel / i5-660 / 8GB を増設したので VHD (仮想ハードディスク)インポートではなく、Fedora 13 を仮想マシンとして追加した際のキャプチャを紹介します。 ■1. Hypwer-V マネジャーから「仮想マシンの新規作成ウィザード」を起動します。 名前と場所は環境に合う […]

[IT] Office Outlook 2010 と Gmail

[IT] Office Outlook 2010 と Gmail    Office Outlook 2010 で Gmail を使うと IMAP クライアントとして動作するので重宝しているが、Outlook 2010 で新たにルール対応フォルダを作成すると Gmail 上で INBOX が前置された仮想フォルダが設定されるので視認するときは注意が必要かも。Apps でプログラム配信を行っている場 […]

[IT] Microsoft System Center Essentials 2010 評価版 初期導入メモ

[IT] Microsoft System Center Essentials 2010 評価版 初期導入メモ       物理環境や仮想環境に展開された 50 台以下のサーバーや 500 台以下のクライアントを管理できる、中堅企業に最適化された統合システム管理ソリューションとのこと。仮想環境下にサーバそのものは既に50種を超えており、常時起動しているものは少ないもの […]

[Exchange2010] インストール環境の準備

[Exchange2010] インストール環境の準備   自宅サーバで World Wde Web のみの公開は勿体無いのでメールサーバも導入しようと思います。マイクロソフトは小規模用に Microsoft Windows Small Business Server (SBS) というパッケージがあり、OS, SQL, Exchange がオールインワンパッケージで導入出来ますが、必要以上に使われ […]