コロナに負けず、できることを少しずつ。

[IoT] ESP-IDF Tools の Windows 10 環境へ導入メモ

[IoT] ESP-IDF Tools の Windows 10 環境へ導入メモ

 私は普段プライベートの余暇時間に Linux / Eclipse C++ 環境で ESP IoT 開発をしていますが、今回は Windows 10 環境へ導入したメモを公開します。
対象 PC は安価なビジネスノート PC で Dドライブへ展開しました。

なお、ESP-IDF は “Espressif IoT Development Framework” のことで、ESP 開発には必須フレームワークです。また、Windows 10 環境は ESP-IDF Tools インストーラを使用するのが簡単で且つ確実です。開発にあたっては ESP-IDF をベース環境とし統合開発環境 (IDE) に Eclipse や VisualStudio を用いる開発です。また、Arduino 環境に慣れている方は Arduino core for the ESP32 https://github.com/espressif/arduino-esp32 をお使いになられる方法もありますが、ESP32 デバイス性能を全部出しきれないのでこれを機に C++ 低レベル処理を始めてみてはいかがでしょうか。

ESP32 公式ドキュメント: https://www.espressif.com/en/products/hardware/esp32/overview

Google 翻訳を使われる方:https://translate.google.com/translate?hl=&sl=en&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fdocs.espressif.com%2Fprojects%2Fesp-idf%2Fen%2Flatest%2Fesp32%2Fget-started%2Findex.html

■事前に導入済みのパッケージ:
Python 3.8
Windows Git 2.26.2

■開発に必要となるドライバ:
シリコンラボ(シーラボ)USB to UART ブリッジ VCP ドライバ v.10.1.8
VCP とは Virtual COM Port のことです。

■今回導入するフレームワーク:
ESP-IDF Version 4.0 (release)
※バージョン情報:https://docs.espressif.com/projects/esp-idf/en/latest/esp32/versions.html

■インストール事前設定値:
Using Python 3.8:
D:\Python38\python.exe

Using Git 2.26.2.windows.1:
D:\Program Files\Git\cmd\git.exe

Will download ESP-IDF v4.0 into:
D:\esp-idf-2

IDF tools directory (IDF_TOOLS_PATH):
D:.espressif

ESP-IDF Tools インストーラ入手先

https://docs.espressif.com/projects/esp-idf/en/latest/esp32/get-started/windows-setup.html#get-started-windows-tools-installer

ESP-IDFTools インストーラに含まれるもの

  • https://github.com/espressif/crosstool-NG
  • https://github.com/espressif/binutils-esp32ulp
  • https://github.com/espressif/openocd-esp32
  • https://github.com/espressif/kconfig-frontends

ESP-IDF Tools インストーラ(管理者権限で)動作時のスクリーンショット・メモ

既にダウンロード済み、あるいはダウンロード完了後は展開導入が始まります。

(管理者権限で起動しているので)コマンドプロントが自動で起動し、環境変数が自動設定され完了です。

Using Python in D:\Python38\
Python 3.8.2
Using Git in D:\Program Files\Git\cmd\
git version 2.26.2.windows.1
Setting IDF_PATH: D:\.espressif\releases\esp-idf-v4.0
Adding ESP-IDF tools to PATH... D:\.espressif\tools\xtensa-esp32-elf\esp-2019r2-8.2.0\xtensa-esp32-elf\bin D:\.espressif\tools\esp32ulp-elf\2.28.51.20170517\esp32ulp-elf-binutils\bin D:\.espressif\tools\cmake\3.13.4\bin D:\.espressif\tools\openocd-esp32\v0.10.0-esp32-20190313\openocd-esp32\bin D:\.espressif\tools\mconf\v4.6.0.0-idf-20190628\ D:\.espressif\tools\ninja\1.9.0\ D:\.espressif\tools\idf-exe\1.0.1\ D:\.espressif\tools\ccache\3.7\ D:\.espressif\python_env\idf4.0_py3.8_env\Scripts D:\.espressif\releases\esp-idf-v4.0\tools
Checking if Python packages are up to date...
Python requirements from D:\.espressif\releases\esp-idf-v4.0\requirements.txt are satisfied.
Done! You can now compile ESP-IDF projects.
Go to the project directory and run: idf.py build
D:\.espressif\releases\esp-idf-v4.0>

お疲れさまでした。ご覧いただき有難うございました。

以上

ESP32カテゴリの最新記事