コロナに負けず、できることを少しずつ。

[ICT][MSLearn]Exam PL-900 Microsoft Power Platform Fundamentals 受験準備

[ICT][MSLearn]Exam PL-900 Microsoft Power Platform Fundamentals 受験準備

1. 受験準備は試験シラバスを読むところから

試験概要: Exam PL-900: Microsoft Power Platform Fundamentals – Learn | Microsoft Docs

試験シラバス(試験スキルのアウトライン):https://query.prod.cms.rt.microsoft.com/cms/api/am/binary/RE43Nnn

評価されるスキル(大項目):

  • Power Platform のビジネス価値について説明する (15-20%)
  • Power Platform のコア コンポーネントを特定する (15-20%)
  • Power BI の機能を実証する (15-20%)
  • Power App の機能について説明する (15-20%)
  • Power Automate の機能を実証する (15-20%)
  • Power Virtual Agents のビジネス価値を実証 (10-15%)

電源自動化 という表記があれば自動翻訳されている箇所で【Power Automate】のことです。読み替えてください。

2. 対象 MSLearn : Microsoft Power Platform の基本

Microsoft Power Platform の基本 – Learn | Microsoft Docs  (10,000 XP もある…)

  • 8 時間 50 分
  • ラーニング パス
  • 12 モジュール
  1. Power Platform の概要
  2. Dataverse の概要 (旧称:CDS / Common Data Service, Power Platform と D365 を支える)
  3. Power Apps の概要
  4. キャンバス アプリの構築方法
  5. モデル駆動型アプリの構築方法
  6. Power Apps ポータルの概要
  7. Power Automate の概要
  8. 自動化されたソリューションの構築方法
  9. Power BI の概要
  10. 簡単なダッシュボードを作成する方法
  11. Power Virtual Agents の概要
  12. 基本的なチャットボットの構築方法

3.公式トレーニング シラバス(アウトライン)を読む

Course PL-900T00-A: Microsoft Power Platform Fundamentals – Learn | Microsoft Docs

★自宅でコース環境を作りたい方:
MCT 向けですが、無償利用できるものは利用しましょう。
GitHub – MicrosoftLearning/PL-900-Microsoft-Power-Platform-Fundamentals: PL-900 Microsoft Power Platform Fundamentals

コースのアウトライン

モジュール 1: Power Platformの紹介

Power Platformのコンポーネント、データを接続する方法、および組織がこのテクノロジーを活用してビジネスソリューションを作成する方法について学習します。

レッスン -パワープラットフォームの概要

  • モジュールの概要

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります:

  • 各Power Platformコンポーネントアプリケーションを使用してビジネスソリューションを作成するタイミングの特定
  • Power Platformを使用してビジネスソリューションを作成することの価値を学ぶこと
  • Power Platformのコンポーネントと機能を学ぶこと

モジュール 2: Common Data Serviceの概要

Common Data Serviceを使用すると、クラウド内の強力でスケーラブルなデータソリューションを詳しく調べることができます。 Common Data Serviceの特徴と、Power Platformと連携して独自の効率的なビジネスソリューションを作成する方法を学びます。

レッスン -共通データサービスの概要

  • モジュールの概要

ラボ : データモデリング

  • ソリューションの作成
  • エンティティと関係の作成
  • データのインポート

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります:

  • Common Data ServiceとCommon Data Modelの違いの説明
  • ユースケースとビジネスルールおよびプロセスフローの制限についての説明
  • 共通のデータサービスにある環境、エンティティ、フィールド、および関係の説明

モジュール 3: Power Appsの使用を開始

Power Appsの価値と機能、および他の組織がこのテクノロジーを活用してビジネス向けのシンプルなアプリケーションを構築する方法について学びます。

レッスン

  • Power Appsの概要
  • キャンバスアプリの作成方法
  • モデル駆動型アプリを構築する方法
  • Power Appsポータルの概要

ラボ : キャンバスアプリの作成方法、パート1

  • スタッフキャンバスアプリの作成
  • アプリを完成させること

ラボ : キャンバスアプリの作成方法、パート2

  • セキュリティキャンバスアプリの作成

ラボ : モデル駆動型アプリを構築する方法

  • ビューとフォームのカスタマイズ
  • モデル駆動型アプリケーションの作成

ラボ : Power Appsポータルを構築する方法

  • Power Appsポータルのプロビジョニング
  • ポータルWebページの作成
  • ポータルテーマの変更

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります:

  • 他の組織がPower Appsを使用してプロセスをデジタル化する方法を学ぶこと
  • Power Appsの動作を確認し、最初のアプリを作成するためのオプションを学ぶこと
  • Power Appsとは何かとそのビジネス価値について学ぶこと

モジュール 4: Power Automateの使用を開始

ユーザーがPowerAutomateを活用して、ビジネスの効率と生産性を向上させる方法を学びます。

レッスン – Power Automate の概要

  • 自動化されたソリューションを構築する方法

ラボ : Power Automate

  • 訪問通知フローの作成
  • セキュリティスイープフローの作成

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります:

  • Power Automateがどのように機能し、ユーザーの視点から見えるかの確認
  • 簡単なフローを作成します
  • Power Automateのビジネス価値と機能を学ぶこと

モジュール 5: Power BIの使用を開始

組織がPower BIを使用してデータを簡単にクリーンアップ、表示、および理解し、十分な情報に基づいた意思決定を行う方法を学びます。

レッスン

  • Power BIの概要
  • 簡単なダッシュボードを作成する方法

ラボ : 簡単なダッシュボードを作成する方法

  • Power BIレポートの作成
  • Power BIダッシュボードの作成

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります:

  • Power BIがどのように機能し、ユーザーの視点から見えるかを確認する
  • シンプルなPower BIダッシュボードを構築する方法を学ぶこと
  • Power BIのビジネス価値と機能についての説明

モジュール 6: Power Virtual Agentの概要

Power Virtual Agentの価値と機能、および組織がこのテクノロジーを活用してビジネス向けのチャットボットソリューションを構築する方法について学びます。

レッスン

  • Power Virtual Agentsの概要
  • チャットボットを構築する方法

ラボ : 基本的なチャットボットを構築する方法

  • PVAにサインアップして、新しいボットの作成
  • トピックの作成
  • テストトピック
  • 挨拶の変更
  • ボットの公開

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります:

  • Power Virtual Agentsのビジネス価値と機能の説明
  • 基本的なチャットボットの構築
  • Power Virtual Agentとチャットボットを構成する重要なコンポーネントを学ぶこと

4. 海外予想問題屋のサンプルから出題傾向を探る。

MSLearn で基礎知識を身に着けていれば予想問題屋から購入は不要です。
今回参照したサイト(Microsoft 公認):IT Certifications Practice Tests and Exams (measureup.com)

英語表記ですが出題傾向は掴めると思います。
(日本語翻訳が必要な方は Microsoft Edge 利用をおススメします。個人的には Dev 版がお気に入り)

Ex.)Describe the business value of Power Platform
You need to implement Microsoft Business Applications along with the Microsoft Power platform.
Which three Microsoft products are part of the Power platform? Each correct answer presents a complete solution.

  • A. Microsoft Power Apps
  • B. Azure Active Directory
  • C. Power Automate
  • D. Azure Machine Learning
  • E. Microsoft Power BI

例題.)  Power Platform のビジネス価値を説明する

マイクロソフト Power Platform と共にマイクロソフトビジネスアプリケーションを実装する必要があります。
Power Platform の一部であるマイクロソフト製品は、次から3つ選択してください。
それぞれの正解は完全な解決策を提示します。

  • A. Microsoft Power Apps
  • B. Azure Active Directory
  • C. Power Automation
  • D. Azure の機械学習
  • E. Microsoft Power BI

答え:A, C, E
解説:https://docs.microsoft.com/en-us/learn/powerplatform/

5. PL-900 受験のきっかけ

Microsoft Virtual Training Days 受講すれば無料試験特典が貰えたから。
https://www.microsoft.com/ja-jp/events/top/training-days.aspx

受験パス(PATHの意)の進め方
Microsoft training and certifications

この blog を作成&公開したのは 2021/05/08 ですが受験日は 2021/05/15 予定です。
あと一週間しかないところから着手するのはどうかと思う。

以上、ご覧いただきありがとうございました。

マイクロソフト認定資格カテゴリの最新記事